疾風と怒濤の堂ヶ島の旅~20120210@らんの里

20120210-094


というわけで、1泊2日の堂ヶ島温泉の旅。



1泊すれば、もうお帰りの日。短い、短いね、1泊2日は。。さようなら、ホテル・ニュー銀水。




<朝の駿河湾。この日も朝から快晴です。昨日ほどの風はないようです>
20120210-009

20120210-012

<伊豆の吊るし雛。かわいらしくて華やかです>
20120210-006

<朝からせいがでますね>
20120210-016

<この日もやはり遊覧船は欠航です。高台にある蘭の里へ>

20120210_iphone-095

20120210_iphone-102

20120210_iphone-097

<美しくて華やかな蘭の世界へ。平日のせいもあってほぼ貸し切りです。蘭は寒さに弱いので建物の中は蒸しっとほのかに暑くなっています>

20120210-024

20120210-028

20120210-029


20120210-031

20120210-033

20120210-043


20120210-049

20120210-072

20120210-076

<サボテンもあります>

20120210-036

<上から見ると>

20120210-062

<蘭の里には、絶景が見える吊り橋があります>

20120210-077

<吊り橋に行く前ですが、少しだけ見える海の青がきれいです>

20120210-079

20120210-080

<ここの建物は新しそうでした。あかるくて開放的です。>
20120210-081


<そして、オウムのポコちゃん。「こんにちは」と繰り返すと挨拶してくれると書いてあったので、「こんにちは」と何度も言っていたら、羽を広げて左右にダンスしてくれました。1羽だと淋しいかな?>
20120210-085


<吊り橋に向かってさらに上ります>
20120210-088

<吊り橋が向こう側に見えます。そして手前にハートが。。。「恋人の聖地」by 桂由美。なぜ、桂由美先生が?の謎はさておき>
20120210_iphone-016

<吊り橋を渡ります。景色は見事ですが、橋の半分まできたあたりから、揺れ始めてあとはまっすぐしか見れませんでした。。。。>
20120210_iphone-022

<見晴らし台に出ました。晴天のもと、海がきらきら光って綺麗です>

20120210-091

20120210-092


20120210-096

20120210-097

20120210-098







このあと、下田へと続く。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック